カテゴリ:歳時記( 61 )

初縫い

d0145972_17595978.jpg

職人尽絵貼りまぜ屏風・縫物師

縫物師 = 縫い物や縫いとり(刺繍(ししゅう))をする職人


+++++


仕事始めです!
大きな目標があるので、今年は いつも以上に頑張って縫いますよ~☆

末に地直ししていた反物を 裁断。
縫い始めるのは 3日からですね~。 

初縫いは、年の始めに 下ろしたての着物や草履を纏うのと同じく、
初めて 反物に針を通す、お目出度い行いです。
昔は わざわざ「初縫いで」と 仕立を依頼されるお客さんもあったとか。
現代も もしか いらっしゃるかも?知れませんね~。
[PR]
by 555nao-ya | 2009-01-02 17:22 | 歳時記 | Trackback | Comments(0)

福巡り

明けまして おめでとうございます♪

一年の計は元旦にあり。
お八つの時間も とうに過ぎた頃、思い立って七福神巡りへ出掛けました。

お寺や神社は ご門が閉まるのが早いのです。
百花園は もっと早い。
急げっ!

自転車飛ばして、鐘淵~堤通~向島。


d0145972_23474968.jpg


御分体。
それぞれの印が好かですね~。

七草には お舟に乗せてお披露目致します♪
[PR]
by 555nao-ya | 2009-01-01 23:42 | 歳時記 | Trackback | Comments(4)

お迎え

「一日飾りは いかんとよ」
って 家の田舎では、28日もしくは30日に お飾りしたり、餅搗きしたりします。

こちら お江戸もそうですか?
年末のご挨拶に ちょいと自転車を走らせて、ご近所へ。




d0145972_2381517.jpg

洗張や着付をされる 張福さんのウインドウ*
活け込みが素晴らしい、春を迎える設えです。








d0145972_23111134.jpg




蕎麦カフェ・ギャラリー 天真庵さんも 柳にお目出度い飾り物が~*








d0145972_2334033.jpg




ワタクシも先祖に習って、直やのおうち に〆縄を飾りました♪
[PR]
by 555nao-ya | 2008-12-30 23:01 | 歳時記 | Trackback | Comments(8)

和サンタ

d0145972_10583833.jpg


可愛らしい贈物~*

印香。

和紙などの上に置いて 香を楽しみます。
香が薄くなったら、更に火を点して 再び香を楽しめる 嬉しいお香です。 





d0145972_1104557.jpg


ティッシュケースの中に・・・










d0145972_1112249.jpg


トナカイさんが~♪
洒落が効いていますっ☆
[PR]
by 555nao-ya | 2008-12-15 10:56 | 歳時記 | Trackback | Comments(0)

備品

巷では 連休の中休み。  今日は 勤労感謝の日。
私は と言えば、勤労 出来ることに感謝! の日ってな訳で、仕事ですっ。


ところで、
直やのおうち に備品が増えています♪

先の 懐かしい電話の主から 嬉しい贈物~ ・・・なんとっ


d0145972_1219587.jpg



きゃあ~~~☆  手炙り火鉢♪

そしてそして、天然 山の木から採れた 灰&炭! こんにゃくが作れるぞっ。


嬉しいやら 有り難いやら。  涙が ちょちょ切れます~(喜)









d0145972_12225265.jpg






木片に お便りが*
[PR]
by 555nao-ya | 2008-11-23 23:49 | 歳時記 | Trackback | Comments(2)

いとおかし

d0145972_21563629.jpg


今 お預かりの 子供綿入れ長着。





d0145972_21584998.jpg


広げると、こんな感じ。


七五三は 再来月の11月ですが、肩揚・腰揚は前倒し。
子供物は 何にしろ かわゆかですね~*

この着物は お婆さま から お孫さんへ受け継がれたものだそうです。
三歳用に袂に丸みを付ける ご依頼でしたが、
綿入でもあり、このまま広口袖で腰揚だけしました。

更に ちいちゃくなって、またまた かわゆらしさが増します*




d0145972_2254954.jpg


地紋入に たくさんの色で。
[PR]
by 555nao-ya | 2008-09-23 21:55 | 歳時記 | Trackback | Comments(6)

敬老の日

ある程度の年齢まで お年寄りと暮らした人は、何かが違います。
人当たりと言うか、気遣いみたいなものが自然と出来るように思います。

残念ながら、私の祖父母達は 既に居ません。
共にした時も ほんの少し。

母方の祖父は、母が2歳くらいの頃に戦地で亡くなっています。
祖母は、私が小学校に上がる前まで よく預けられていたのですが、
何せ子供でしたので、あまり記憶にありません。
覚えているのは、ぴしゃりと厳しい人だったこと。
自ら志願して「献体」していたこと。

父方の祖父は、私が生まれて直ぐくらいに亡くなっています。
訊く所によると、一旗上げる為に熊本・球磨郡の田舎から大陸に渡り、
よく分らない色々な仕事をしていたとか。
祖母は、そんな祖父に困惑しながらも付いて行ったのだとか。
芯のある粘り強い人だったようです。
こちらの祖母とは、小学1年生くらいまで一緒に暮らしていました。
その後、倒れて植物人間になってしまいましたが。

彼らは、大陸から引き上げて来て故郷へは帰らず、
糟屋郡の炭鉱で働いていたそうです。
相当な苦労をしたらしいのですが、少しずつ土地を買い田畑を買い、
晩年は百姓を生業にしていたようです。

父は、自身が生まれた大陸の事や
炭鉱の社宅生活を快く思っていないようで 語りたがりませんが、
彼も既に老人の域、訊いて置きたいことばかり。

「フラガール」「ぽっぽや」「東京タワー」・・・
炭鉱の町を舞台にした映画は数知れず。

ラヂオで知った「三池 ~終わらない炭鉱の物語」ドキュメンタリー作品です。


彼らが生きて築いた日本。

これから どこへ行くのか。


私たちが生きて築いて行かなくっちゃね。
[PR]
by 555nao-ya | 2008-09-15 23:27 | 歳時記 | Trackback | Comments(0)

お月見

今日は 中秋の名月です。
旧暦 8月15日。
すすきや団子をお供えして、豊作を祈るのだそうです。


d0145972_23173935.jpg


と言っても、お月さんは雲間に隠れて お目に掛かれなさそうですね。

明日は 満月♪

下界は闇でも、雲の上は月光で輝いているのですね。
何度か飛行機の窓から見たことがある景色です。

どこまでも雲の絨毯が広がって、丸々としたお月さんが煌々と照らして。

雲の上に降りたら、歩けるのではないかしら? と思うほど。


今週末 20日(土) は、直やのおうちで恒例 榮堂・着付教室です♪

秋分の日 23日(火) は、萩のトンネル満開の向島百花園で たまゆら源氏香・その参*



秋は、色々な催しが目白押し☆
[PR]
by 555nao-ya | 2008-09-14 22:52 | 歳時記 | Trackback | Comments(2)

9月9日は 重陽の節句だそうな。
別名 菊の節句。

旧暦なので、菊が咲く時期ではなく 
あまり馴染みがないお節句になっています。

菊は高貴な花らしい。
種類も豊富。

子供の頃は「仏さんのお花」って感じでした。

このところ、スプレーマムやピンポンマム 人気です。


d0145972_23562614.jpg

[PR]
by 555nao-ya | 2008-09-09 23:39 | 歳時記 | Trackback | Comments(2)

祭太鼓

先週末の土日は、二丁目恒例・盆踊り大会~☆

って言っても、あたしゃ~ノビておりました。
久々の地下鉄。
冷房にやられて、気付けば日曜の昼まで。
真っ暗い部屋で、我慢大会ならいざ知らず、汗だく状態で唸っておりました。

斜向かいの公園から聞えて来ます。
土曜日、夕方5時ごろから、どんどこどんどこっ。
ひゃあ~~~ご勘弁をっ。

日曜日、およっ。
今日は起きられるぞ♪
もう、陽は傾いていたけれど、窓を開けて、風を入れて。

再び、夕方5時ごろ、どんどこ・・・
去年は窓から覗いただけでした。

今年はちょいと行ってみますか?



d0145972_23314471.jpg




いつも やって来る「きび団子」屋さんも、大盛況☆
[PR]
by 555nao-ya | 2008-08-12 23:21 | 歳時記 | Trackback | Comments(0)