2016年 11月 04日 ( 1 )

山口椿「荷風×北斎」衣擦れの宴のご案内

お陰様を持ちまして、盛況にて終了致しました。
ありがとうございます。


・・・・・


夏の終わりに、秋のコト。
来る晩秋の催しをお知らせ致します。



d0145972_23294092.jpg

鬼才・山口椿氏を囲んで

「荷風×北斎」衣擦れの宴 開催!



直やの二階で、お酒と火鉢での炙り物をつまみにしながら、しっぽりと。

山口椿さんに、すみだに縁ある 永井荷風と葛飾北斎と、
仕立屋である直やに因んで、着物のコトなどなど。 脱線上等!
三絃を交えてお話を伺います。

特別余興と致しまして、
着物美人に肌絵(ボディペインティング)を施して頂きます。



日時・・・11月4日(金) 20:00~

場所・・・仕立 直や・二階 墨田区東向島2-22-2 中里方

参加費・・・4900円(1ドリンク+つまみ)  キャッシュオンにて追加ご注文頂けます。→出張 Le Petit Parisien

定員・・・20名(要予約) 



肌絵(ボディペインティング)モデルを募集致します。

参加費・・・6900円(宴・参加費+着物レンタル+着付+ボディペインティング)

定員・・・5名(要予約)

時間・・・18:00~随時 → 着付の準備があるため





お問合せ・ご予約・・・仕立 直や(したて なおや) 03-3610-6061





皆さまのご参加をお待ちしています!!!




◎文化の日に、文化的なコト

11/3(木)、サロン的書斎Le Petit Parisien にて
椿さんと書斎主による考察会あり。
詳細 → https://www.facebook.com/events/105179886603914/


併せてご参加になると、更に深まる秋の宵がお過ごし頂けます。





◎山口椿(やまぐち つばき)
作家・画家・チェリスト。
1931年、東京・神田三崎町に生まれる。
フランス政府給費留学生として渡仏、パリ音楽院に学び、モーリス・マレシャル氏に師事。
イタリア、サラチーニ(キジアーナ)音楽院では、アンドレ・ナヴァラ氏に学ぶ。
画家としては、1958 年にパリ、ピエール・ギュモン国際コンクールで銀賞を受賞し、それを機縁として、イタリア留学中、マリノ・マリーニ氏に師事。
旧ソ連時代には政府委託の肖像画家としてキーロフ劇場に滞在し、マカロワ、ヌレエフ、コルパコワなどのエトワールの肖像を多数制作。
帰朝後はエロティックかつシュールな文学作品群を発表すると共に
画業においても浮世絵の伝統の灯を守る創作活動を行い、国内外の好事家から高い 支持を得ている。

・著作一覧
https://ja.wikipedia.org/wiki/山口椿







[PR]
by 555nao-ya | 2016-11-04 20:00 | ■直やのおうち・催し&お知らせ | Trackback | Comments(0)