急がば回れ。

d0145972_0165260.jpg


難しい裁断をしています。
総てにおいて、いっぱい。

そうすると、柄合わせが問題。

どこで鋏を入れるか?
何度も柄を見直して、あっちにやりこっちにやり。
なるべく上下が入れ子になるよう 気を付けて。
染むら・織むらがある時は、下前の見頃か衽か地衿かにして目立たぬよう。

集中力が要ります。

煮詰まって来たら、急がず慌てず、一休み。
これ大事。
やり過ぎると 分からなくなってしまいます。

さてさて・・ ようやっと裁断が出来ましたよ♪
[PR]
by 555nao-ya | 2009-06-20 23:59 | つぶやき | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://naoyatic.exblog.jp/tb/9886237
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by rui-studio at 2009-06-21 12:11
着物の仕立て難しそうだわ~
集中力が要求されますね。もちろんセンスと技量も!ですが。
我孫子から応援の風をおくりた~い。
Commented by 555nao-ya at 2009-06-22 00:27
★rui-studioさま

ですね~。
仕立をするには、裁断→柄合せが必須ですから。
こればかりは 十人十色、同じ柄でも体型や好みがありますし。

応援の風、有り難く頂きま~す♪
<< らしい。 しつらえ >>