銀杏

d0145972_22019.jpg



鈴木春信画  風流江戸八景・浅草晴嵐

浅草寺境内に 大きな銀杏の木があります。
仲見世の茶屋の看板娘は、その昔 大銀杏に因んで「銀杏娘」と呼ばれたそうな。


銀杏には、おすめすあって 一対ないと実が生りません。

博多の櫛田神社のご神木「櫛田のぎなん(銀杏の事を ぎなん と言います)」。
実の生る この時期、とじ・巫女さん達が 総出で実を落とす神事があります。


ほうろくで炒った 翡翠色の銀杏。
ぱらっと 塩で頂くのが好き~*
[PR]
by 555nao-ya | 2008-10-24 21:58 | お気に入り | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://naoyatic.exblog.jp/tb/8817379
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ymomen at 2008-10-26 00:29
わたしも銀杏大好きです。
こちらにはありません。

竹田の生家は焼けてなくなりましたが、広瀬神社のすぐ下にあり、銀杏の季節には神社に拾いに行ったものです。
デンバーの韓国食品のスーパーでこの季節に見つけては、殻からだして冷凍しています。
Commented by 555nao-ya at 2008-10-26 01:25
★ymomenさま

へ~ コロラド(米国)にはないのですね~。
銀杏って、どこが原産ですっけね?

あ~ 広瀬神社。 
友人・c のお家に遊びに行った時に そう言えば、銀杏の大木が。
実が生るって事は、おすめすあるってことですね。
ymomenさんに 新鮮な銀杏の実を食べさせたいっ。
<< お遊び 始まっています! >>