d0145972_2118112.jpg



道行衿コート・袷仕立



肩裏を新たに むじな菊にして、洗張のお仕立替えです。
紬の上に 刺し子のような 太い糸の刺し目がポイント。

道行衿は、四角い衿なので この角の交わりが決め手。

コート類は、羽織と違って昭和に入っての新しい仕立物なので、
ミシン使いが殆どですが、私は手縫いで習いました。

着物は、縫い代を片倒しなのですが、コートは、割ります。

よって、ミシンのように細かく縫います。


表に返して 仕上がりが好いと、気分も好いです♪ 
[PR]
by 555nao-ya | 2008-10-21 21:17 | ちくちくお針教室にて | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://naoyatic.exblog.jp/tb/8801943
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by CORO助 at 2008-10-22 07:31 x
わ~こんな布があるんですね。
たぶんロウケツ染め?かな。
角もピシっときまって、道行さんも嬉しそう。
Commented by 555nao-ya at 2008-10-22 21:36
★CORO助さま

肩裏のことですか~? っぽいですよね~。
羽織ものは裏勝りですもんね~ 色々遊べます♪
<< 笑 ガイドブック >>