ぽか

仕立屋の修行時代。
私が入所したとき24歳、師匠は71歳だったか?
事業所それぞれで、年季があるけれど、4年がほとんど。
私の所は、もう1年「お礼奉公」があって5年間。
その後は独り立ちします。

1年、東京の職業訓練校で教わっていたので、当時、
普通に高卒などで入所して来る子より、巧くて早かった。

ところが、思わぬ「ぽか」をやる。

振り返ってみると、たいてい慣れてきたとき。
誰でもそうだ、と言うけれど、コレはお客さんの預かり物。
やり直しは利かないのです。

今までに大きな裁ち間違えを 2度も!やっている。

1度目は、和裁士の全国大会に出るための準備用付下。
2度目は、お客さんの黒留袖。

独り立ちしてからは、今のところ(むむ?)ない。

師匠から、計り間違え、何度も見直して、鋏を入れるときは、もう一度見直す!
口酸っぱく。
出来の悪い弟子です。

師匠も言っていたけれど・・・私も裁ち間違える夢、見ます。





ブログを続けます。
自戒を込めて、心して。
[PR]
by 555nao-ya | 2008-08-10 21:32 | 直やのこと | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://naoyatic.exblog.jp/tb/8427042
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< こちらへ お詫び >>