13年

阪神の大震災から、もう こんなに経っていたんですね。

18年くらい前の正月に、神戸で過ごそう、と言う事になりました。
当時、両親は福岡、弟は京都、私は東京。

深夜バスで元町に着き、朝湯を頂こうと訊ねたら、
一駅先に「琴の湯」があるよってな訳で、三宮まで歩く。
快晴!
ご近所の方々が、気持ち好さげに湯船に浸かって。
私は見慣れない顔なので、
何処から来たの~?あら~東京?あら~でも九州の人なの~?
なんて。
脱衣場には、電車が通る度に、四角く切り取られた太陽の窓が走る。

復興、7年目くらいに再び神戸に。

元町の駅前辺りは、夜でも分かるくらい建物が新しく、
ネオンにも活気がありました。
通りすがりの旅人には、少なくとも、再生しているように見えたんです。
計らずも、その日は震災当日。
鐘があちこちから聞こえていました。

そして、今日のニュース。
心の傷が一生癒えないであろう人達が たくさん居ることを知りました。
あの日、あの時の琴の湯の風景は、
もう二度と見ることは出来ないんだな・・・。
[PR]
by 555nao-ya | 2008-01-17 23:30 | つぶやき | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://naoyatic.exblog.jp/tb/7003856
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 温い? 一歩、踏み込む。 >>