目指していたコト

お針教室中 予約の無い時間に ピンポ~ン♪

男性だったので、インターフォン越しに内容を訊ねる。

子供の着物なんですけど…とのコトで 階下へ。

飛び込みのお客さん。
七五三の男児祝い着についてご質問頂く。

来週なんですが、出来ますか?

とりあえず、連絡先の載せてある料金表をお渡しして、
ご検討をお願いします~。

しばらくして 奥さまからお電話。

今から持って行きます。いいですか?

肩揚のみで済みます。
明日 お渡し出来ます。



聞けば、お忙しい中 ご自身で
不慣れながら縫い揚げをされようとしていたらしい。

無事 仕上げて、お渡し。

お客さん、ほっとされる。

直やも ほ*



そうなんです。

直やは ご近所さんに重宝して貰える
着物に関する「町の便利屋さん」になりたかったのです。



改めて思い出される 私の目指していたコト。







[PR]
by 555nao-ya | 2013-11-07 00:38 | つぶやき | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://naoyatic.exblog.jp/tb/19929640
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< お揃い 天国への扉 >>