「また、必ず会おう」と誰もが言った。




「また、必ず会おう」と誰もが言った。  喜多川泰・著


ひょんなことから 東京→熊本 を旅することになった 高校生男子のお話。

日曜の ラジオ深夜便 本の紹介コーナーで知り、ちょっと前に 完読していました。
読みが遅いワタクシにも するっと読めます。

読み終えて すっと顔を上げている自分がいます。


そして
誰彼となく 読んで欲しくなります。
[PR]
by 555nao-ya | 2011-10-06 00:51 | お気に入り | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://naoyatic.exblog.jp/tb/14701910
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ミャオ介 at 2011-10-06 10:49 x
私もこの本、読みました。読み終わった後、あったかい気持ちになりました。
Commented by 555nao-ya at 2011-10-07 01:19
★ミャオ介さま

ですね~* お腹の辺りが ほこって温もりを感じるような♪
<< 伝説のスピーチ ここから その先へ >>