心に灯を点す

d0145972_1181362.jpg

地震発生から一週間になりました。
日々 伝えられる惨状は 違った意味でも広がりを見せています。

直やも 子供の頃 水害、その後 福岡の玄海沖地震(西方沖地震)を体験しているので、
(今回の惨状には及びませんが)現地の状況を考えるにつけ、やりきれない思いです。

しかしながら
被災していない(難が少なかった)私たちが しょんぼりしている場合ではないのです。

首都圏・大都市圏で 買占めをしている人たちは 普通に買い物しましょう。
無くなりませんから。

関東以西で 買い控えをしている人たちは いつも通りに買い物しましょう。
経済が回らなければ、救えるモノも救えなくなります。

私たちが出来る事を 考えましょう。
そして 行いましょう。







国立劇場で開催していた歌舞伎の上演が 中止になりました。
前代未聞だそうです。
東京電力管内なので、仕方ないことです。

しかしながら、
このように 文化的な事柄、仕事は 過剰な自粛傾向にあります。

悲惨な事態は極まりないのですが、
美しいこと 楽しいこと 笑うこと 素敵なこと・・ 自粛しないで下さい。
どころか、有り難く 大いに 受けようではありませんか。

直やの仕事も「仕立」であり、なんら復旧・復興に 今今 必要ではありません。
それでも
仕事があること、出来る事を 黙々と与えられた仕事をする。
それが 私の「やるべき」事です。

着物という、着物のみならず、営々と続くモノを絶やしてはいけないのです。








自衛隊・警察・東京電力の人たち。
国の長びとたち。
頑張っています。

色々言う人がありますが、今 言う事でしょうか?

あなたが 代わりになれるでしょうか?

事実を 冷静に受け止める。

もどかしい思いで一杯になりますが、
批判は 今後の課題として、今は 見守ることが大切なのではないでしょうか?












d0145972_1184025.jpg


竿が折れちゃっています。

直やの代わりに、一心に難を受けた 三味線。









「一緒にキャンドルナイトしましょう」と言って、Nさんが カメヤのパンとお持ち下さいました。

独りじゃない。

思いを寄せてくれる誰かが居る。

今日まで 直やをご心配下さり、
おうちを訪れて下さった方々、連絡を下さった方々 本当に ありがとうございます。
お蔭様で 無事に日々を過ごせています。

直やは大丈夫です。
[PR]
by 555nao-ya | 2011-03-18 11:57 | つぶやき | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://naoyatic.exblog.jp/tb/13164559
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by higurashi at 2011-03-19 09:30 x
全く同感です。
静かにたんたんと、
このような感覚が伝わって行くといいですね。

Commented by 555nao-ya at 2011-03-19 12:15
★higurashiさま

ご賛同下さり、ありがとうございます。

大きく変わる=大変
あまりにも大きなショック療法ですが、この機会に自らの来し方行く末を
省みて、考えることが必要なのだと思っております。
<< 三連休ですから♪ ちくちくお針教室の生徒さんへ >>