七草


d0145972_14274594.jpg



この辺りでは 七草の日の朝に正月飾りを下ろすのが慣わしだそうな。
去年の12月15日で 引越して丸三年になります。

初めての七草の日に 呼ぶ人あり。
おや? おやおや・・ 何処? こっちこっち。 二階から 斜向かいのIさんが。

夕方 外から帰って来て、未だ 注連縄などを飾っていたのでした。
そこで 気になったご近所さんのIさんが・・
 
七草には注連縄飾りは下ろさなきゃっ! 

て ご注意下すった。 てな訳(笑)
うちの方では 鏡開きや小正月(1月15日)や旧正月 くらいまで飾っておくのです。

郷に入れば郷に従え。
次の年からは 七草の日には下げております☆


因みに、
七草の日は お粥の日 ではありません。
七つの薬草(せり・なずな・ごぎょう・はこべら・ほとけのざ・すずな・すずしろ)を入れた粥を食べ、
邪気を払い万病を除き 一年の無病息災を祈願すること を意味しています。


とても 分かり易い解説がありました ↓

http://jr2uyg.cocolog-shizuoka.com/radiocom/2009/01/post-4a41.html
[PR]
by 555nao-ya | 2010-01-07 23:23 | 歳時記 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://naoyatic.exblog.jp/tb/10641118
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by daikatoti at 2010-01-08 07:37
うちはとりあえず庭に生えてる芹だけをいれましたが、
解説によると芹は競り勝つとありますね^^
なんだか闘争心が沸いてまいりました。
Commented by CORO助 at 2010-01-08 08:29 x
今すんでるコノ辺も7日には松飾を片してしまいますね。
ワタシの実家の新宿では昔は15日くらいまでは松飾してましたよ。
昭和50年代から段々と7日に片すようになったみたい。
会社にも大きな松飾がありましたが早く片すようになって、「いつまでも御屠蘇気分でいるな」とゆう意味かな?なんて思ってました。
世の中ドンドン忙しくなってしまって・・・・昔のノンビリした時空のお正月が懐かしいです。

七草粥は・・・あんまりご馳走を食べてないのでパスです(汗)
Commented by 555nao-ya at 2010-01-08 23:40
★daikatotiさま

地面に育った芹は 香が好いでしょうね~*
実家に居た頃は、母が芹の玉子焼きを作ってくれましたっけ。

生きる上で 闘争心は必要です!  熱く参りましょう♪
Commented by 555nao-ya at 2010-01-08 23:45
★CORO助さま

へ~ 23区にも色々 所によって違いがあるのですね~。
今日は 鳥越神社の「どんど焼」だったのですが、
解説によると やっぱり段々と早く片付けるようになったみたいですね。
今年こそは焼に行こうと思っていましたが、見ると 植物自然のものですから、
藁だし、埋めて肥料にすることにしました。

ホントに 年年歳歳、暮しが気忙しくなっていけません。
時には のんびり時間も楽しまなくっちゃ♪  ですね。
<< 鍛える 手習い始め >>