旅立ちに

出る時は まだ好かったのですが、お昼あたりから霧雨が。

初めて降り立つ 我孫子。
とある打ち合せで参りました。
そのことは後日にすると致します。

・・・

先日、お針教室に来られていた方に一報が入り、急遽 お帰りになりました。

もしや・・ と思ったのですが、私のもしや・・ は現実になっていました。
12年連れ添った愛犬が旅立ってしまったのです。

たかがペットと思われる方も おありでしょうが、人も動物も生き物です。
家族になっていたりします。
失えば 心にぽっかり穴が空いたりします。


d0145972_0365735.jpg


今日の我孫子で 萩を求めました。
「江戸絞り」 と言う萩で 花弁の白地に 根元から絞りのように赤紫が滲んでいます。
萩の花言葉は 過去の思い出。

本当は カタバミを探していたのですが、季節が合わず。
ちなみに 花言葉は あなたとともに。

お悔やみに 贈りました。

よく言われることですが、一番の供養は 
いつまでも 彼・彼女を忘れず、思い出しては語らい 過した日々を忘れないこと・・ 。

その時は、いつも 笑顔を添えて。
[PR]
by 555nao-ya | 2009-09-18 23:50 | つぶやき | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://naoyatic.exblog.jp/tb/10240076
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 打ち合せ 秋支度 >>